問題となる症状を適切に治してくれる医師

脊柱管狭窄症とは

オフィスでパソコン作業をする方に多い眼精疲労を癒やすならここのサイトを参考にしませんか?改善方法がたくさん載っていますよ。

知覚過敏の治し方が詳しく紹介されています。つらい歯の痛みを軽減することができる治療もありますよ。気になる方は必見です。

脊柱管狭窄症は加齢によって脊柱管が狭くなる症状のことで、一般的には50〜60代くらいになると発症する人が増加すると言われています。 脊柱管狭窄症は腰の痛みが主症状となる場合が多いですが、腰の痛みを発する病気は色々と考えられるので、整形外科などできちんと検査をしてもらうことが重要です。 軽度の場合は薬物療法などで済むので金銭的負担はかかりませんが、症状が重度の場合は手術をすすめられる場合もあります。 一般的には手術にも健康保険が適応になりますが、最近では内視鏡手術を行っているところも多く、その場合、狭窄しているところが多ければ多いほど手術費用が高額になる傾向にあります。 また、治療法によっては健康保険が適応とならない場合もあり、その場合は100万円以上とかなり高額になります。

脊柱管狭窄症で手術を必要とする場合、これまでは背中の腰の部分を大きく切開して骨や靭帯を切断したり狭窄部分を拡げたりする方法が主流でしたが、最近では大きな切開を必要としない手術法が色々と開発されています。 特に脊柱管狭窄症は中高年に発症しやすいので、全身麻酔を使用した手術は体への負担も大きくなります。 その点傷口が小さくて済む手術は、体への負担も少なく入院日数も短くて済むと言うメリットがあります。 近年では医療技術や医療機器の発展が目覚ましく、次々に新しい治療法や医療機器が導入されていますが、内視鏡手術などの場合は直接医師が患部を見ながらの手術ではないので熟練した技術を必要とします。そのため、医師選びが大変重要となります。

腰痛やしびれ

脊柱管狭窄症は神経を圧迫させることにより、下肢のしびれや足に力が入らないということが起きる病気です。場合によっては排尿障害を起こすこともあり、腰痛やしびれを感じる人は早めに受診を行うことが大切です。

» もっと読む

目の使いすぎ

目の使いすぎは眼精疲労を引き起こす原因になります。しかし現在はパソコンやスマートフォンで症状を発症しやすい状況になっており、眼精疲労から他の病気を引き起こすこともあります。日常的にケアすることが大切です。

» もっと読む

温活という対策

冷え性は様々な方法で改善することができます。ハーブティーや漢方、サプリメント等を利用する方法があり、体の温度を上げていくことを温活と呼んでいます。血流の改善を行うことも可能です。

痛風対策の食事

痛風は体内に尿酸が溜まり、関節炎になった状態です。尿酸はプリン体を含む食品を控えることで、抑えることができます。動物性タンパク質を控え、アルコールや脂肪、果糖等も控えていくことが大切です。

男性の更年期

更年期障害は女性だけでなく、男性が患うことがあります。自律神経失調症のような症状を発症することや、精神的にイライラする等の症状が出ることが多く、男性ホルモンを補充する治療が行われます。

ページの上部へ