問題となる症状を適切に治してくれる医師

男性の更年期

以前は女性特有とされていた症状がありました。

それは更年期障害です。しかし近年、男性にも更年期障害があるということが認知されてきました。 それでは更年期障害とはなぜ起こり、どのような症状があらわれるのかを説明します。 まず女性の場合、閉経の平均である50歳の前後10年の45歳〜55歳くらいが更年期と言われる時期になります。 女性の更年期障害の症状は、ほてり・発汗・のぼせ・冷え・動悸・疲労感・頭痛・肩こり・めまいなどの自律神経失調症、イライラ・抗うつ・意欲低下などの精神的症状、吐き気・便秘・下痢などの消化器系の症状、皮膚の乾燥・痒み・湿疹などの皮膚の症状など実に様々な不快な症状があらわれます。 治療方法は、主に足りなくなった女性ホルモンのエステロゲンを補うホルモン補充療法になります。

次に男性の更年期障害について説明します。

男性の場合は40代後半〜65歳くらいに発症する人が多く、この時期が男性の更年期と言われれいます。 男性の更年期障害の症状は、ほてり・発汗・のぼせ・めまい・疲労感・頭痛・肩こりなどの自律神経失調症系の症状、イライラ・抗うつ・意欲低下・不眠などの精神的症状、ED・性欲減退などの生殖機能の低下の症状などで、特に男性の場合には精神的症状と生殖機能低下の症状が多くの人に見られる症状です。 男性の更年期障害の治療方法は、男性ホルモンのテストステロンの補充療法になります。 ホルモン補充と並行してカウンセリングによるメンタル面のリハビリテーションも行っていきます。 最近では男性更年期外来が増えてきましたが、内科や泌尿器科、心療内科でも治療は可能です。