問題となる症状を適切に治してくれる医師

痛風対策の食事

痛風とはどういうものなのか

 よく痛風になってとても辛いとか聞いたりしますが、具体的に痛風とはどのようなものか皆さんはご存じでしょうか。痛風には、風に吹かれただけでも痛い、といった意味があるのだそうです。具体的にいうと、尿酸が体内にたまり、結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気のことなのです。それは、急に足の親指が痛み出し、赤くなって腫れ上がるような症状から始まることが多いようです。その痛みは耐え難いほどの痛みといわれます。そのような場合はすぐに医療機関に相談し、適切な治療を行いましょう。尿酸血を上げる要因には、環境要因も大いにあるようです。それは食事の問題であり、肉食や海産物などの食事は痛風を増やすと考えられ、その反面、野菜や乳製品などの食事は減らすと考えられています。食事療法も大変重要であるといえるでしょう。

対策にはどんな食べ物がよいのか

 それでは、具体的に痛風にはどのような食事をとっていけばよいのでしょうか。まず、重要なことは、プリン体を多く含む食品を控えた方がよい、ということです。プリン体は、主に動物性タンパク質に多く含まれており、えび、かに、牛肉ロース、ヒレ、レバー、モツなどに多いです。その他、アルコールや脂肪、果糖などは控えたほうがよいでしょう。また痛風を改善、予防するには水分や野菜は十分にとり、バランスのとれた食事をすることが重要です。塩分は血圧に関係しますので控えたほうがよいでしょう。また自分でコントロールしていくのはなかなか大変ですから、痛風によく効くといわれるサプリメントを併用するのもよいのではないでしょうか。ネット上にはサプリメントランキングなどを紹介しているサイトもあるようですから、そのようなサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。