問題となる症状を適切に治してくれる医師

目の使いすぎ

眼精疲労の裏には別の病気が潜んでいる

眼精疲労は、単なる目の疲れである「眼疲労」とは違い、体に悪影響が出ることがあります。 適切な治療や、生活・環境改善などを行わなければ、自然に治ることはありません。 眼精疲労になる原因には「なにかしらの目の病気を発症している」「からだの病気が目にきている」 「目の使いすぎ」「精神的ストレスの影響」などがあります。 これらの原因が1つしか当てはまらない時は、眼疲労は起きても、眼精疲労になる可能性は低いです。 いくつかの原因が重なったときに目の負担が増え、眼精疲労になります。 目の病気は、ドライアイ、白内障、緑内障などが考えられ、適切な治療が必要です。 また、視力矯正が合っていない(メガネやコンタクト)時にも眼精疲労は起こります。 視力は変化するので、定期的に検査を行い、随時、適切なものに変えていく必要があります。

どのように対処したらいいのか

眼精疲労が疑われる場合、まずは眼科へ行き、目に病気が発生していないか検査してもらいます。 病気が見つかれば、その治療をします。 原因がはっきりしない場合でも、ビタミンBの点眼剤で、症状が改善することが多いようです。 仕事でパソコンに向かってる時間が多い人は、画面の輝度調整や照明の明るさをチェックします。 眩しすぎても、暗すぎても、目に負担をかけることになるので、眼精疲労になりやすいです。 目が疲れない明るさを維持できるようにしましょう。 また、できるだけこまめに休憩を取り、軽い体操などで血行をよくし、目を休める時間を作ります。 仕事ではなくても、最近はスマホに長時間向かってる人が多いですから、目の使いすぎによる 眼精疲労が発生する人が増える傾向があります。 ストレスにから眼精疲労が出ている場合は、他の体調不良や、うつ病を引き起こしたりするので ストレスを溜め込む前に、上手に発散する方法を考えましょう。