問題となる症状を適切に治してくれる医師

腰痛やしびれ

腰を痛めた経験はありませんか

長時間立ちっぱなしの仕事をしていて、腰を痛める人がいます。そんな人に発症する脊柱管狭窄症という症状をご存じですか。背骨は、椎骨が重なってできている集合体です。椎骨には椎体と椎弓の骨でできており、この骨の間に空洞があります。この空洞が脊柱管といわれています。脊柱管の中には神経や血管が通っており、神経は脊柱管の中で枝分かれして、それぞれの器官へ繋がっています。脊柱管狭窄症は、この空洞部分がさまざまな理由で狭くなり、神経や血管を圧迫する症状をいいます。脊柱管狭窄症の主な原因に、椎体や椎弓の変形があります。重なっている椎骨の間にある靭帯が肥大することで、脊柱管が狭くなることもあります。また、椎間板変形により膨隆、突出が起こり、神経を圧迫させることがあります。

脊柱管狭窄症はしびれを伴います

脊柱管狭窄症の症状は、腰痛や下肢のしびれがあります。普段はなんともないのに、歩き出すと足がしびれ、前かがみで休息を取るとまた症状が回復するケースがあります。自分が思っているよりも足が上がらなくなり、階段に躓いたり、スリッパがすぐに脱げてしまうこともこの症状の特徴です。程度が重くなると、腰だけでなく、太ももからふくらはぎ、足の裏に至るまでしびれが生じることがあり、排尿障害を併発させます。脊柱管狭窄症には、なりやすい人の特徴があります。高齢で、長時間の運転や、立ち仕事などの重労働勤務の人は腰を痛めやすく、変形性脊椎症に至ることがあります。また、変形性すべり症の中年女性には、腰部脊柱管狭窄症を併発することがあります。腰痛やしびれを感じる人は早めに受診をしましょう。